www.soxdesigns.com

自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険と言われるものです。このような自動車損害賠償責任保険は別名、強制保険と呼ばれクルマを定期車検に通す際はその車検期間に効力のある自賠責保険に入っていなければなりません。つまり、すべての自動車に加入義務のある保険なのです。ではその車に自賠責保険がついたまま売ったケースではどうでしょうか。強制保険(自賠責保険)は車検のときに更新をすることがありますが仮に自賠責保険に加入した車を手放した時は保険料が返金されるという事例はほとんどないでしょう。というのも、自賠責保険を一回なくして、新たな保有者に移行することは少し面倒くさいのです。なので強制保険というものは名義変更後に車と一緒に移すことが通常です。しかし、それと同じだけの額を買取額に乗っけてくれるものです。強制保険は自動車税とは異なり、支払った金額を1ヶ月単位で割り算した額が戻ってくるやり方ではなく買取額に乗っけるといった手段がとられるのが基本ですがこれが買取査定書に明記されるケースは珍しいです。ですから、引き取りの場合は自賠責保険の分の金額が査定額に含まれているかを注意するようにしましょう。支払った金額がどの程度かだけでも把握しておけば見逃すことはないはずです。その自賠責保険の加入保険料に関しては、契約期間により違ってくるため、注意してください。クルマの処分や廃車の時には自賠責保険の名義変更をする必要があります。もしも名義変更をせずに放っておいたら、保険会社より保険の満了を知らせる便りが届くことになります。売却を検討中の愛車がほんの少しでも高額で売れることを応援したいと思います。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.soxdesigns.com All Rights Reserved.