www.soxdesigns.com

パソコンの。ディスプレイの前で、リアルタイムで上下動しているマーケットを見ていると、何となく売り買いをしなければならないという抑えようのない気持ちに追い立てられる状況も少なくないと思います。だが、なんとなく感覚で売買することだけは、絶対にしてはいけません。ご存知の通り、為替相場は四六時中休みなくいずれかで市場はオープンしているし、市場もいかなる時でも変化しています。だからといって、考え無しにエントリーを積んでいくと、それだけで損失を被るリスクが増します。言うまでもなく、トレードの数を経験することによって、結果的に儲けられる可能性が五分五分になります。けれどもこの事実は「ぼんやりとした思いつきで売買」してしまうこととは別の問題です。売買回数を積む意味というのは自分が「ここがチャンス」と考え付いたチャンスを持ったところでの売り買いの回数を増やすという意味である。格段の理由がなく、次々と売り買いを重ねるのとはかなり異なります。市場の勝負に勝つためには己で思案して緩急をつけることが大事だ。「ここは!」と思ったマーケットの時には所有ポジションを買い増して、思い切り利益を追求する。「分からない市場でどう推移するのか考え付かないな」と感じたならば観念して保持ポジションを見切りをつけて静観します。それぐらいのリズムをつけた方が結果的にトレードは勝てます。マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通り。為替取引とはいつでもポジションを持つことが重要ではなく何も所持せず静観していることも状況によってはFXです。それならば、どの場面で、休むべきなのでしょうか。ひとつは、先に述べたように、現在の市場が今ひとつよく見えない時。これからどちらにいくのかわからないような時は、何も考えず行動すると、自分自身の思った脚本とは違った方向に市場が変動してしまい損失を被る事になります。だから、そういった状況ではポジションを減らして、そのまま何もぜずに静観を決め込むのが最良の方法です。もうひとつの場面は、己の体の調子があまりよくない時です。コンディションと外国為替市場に関係がない感じる人もいますが大きく影響を与えます。体の状態が変な時は為替相場の重要なところで正しい決断を下すことが出来ない場合があります。興味がわかない時は取引から距離を置くことも大事な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.soxdesigns.com All Rights Reserved.