www.soxdesigns.com

キャッシングした際、支払う時には利息を含めての支払いになるのは周知の事実です。キャッシング会社は経営の利益を狙いとした会社なのですから当たり前です。そうはいっても返済する方は、ちょっとでも少なく返金したいと考えるのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が実行される前は30%近い利子を払っていましたが、適用後は高利息でも年率18%位とかなり低く定められていますので、随分良くなったと思います。最近のローンの金利範囲は4%位から18%位の間に定められていて、使用可能額により決められます。利用限度額は申請者の信用によって決まります。総量制限により年の収入の1/3までと設けられていますので、一年の収入がどの程度なのか?どのような職業なのか?クレジットの使用状態はどうなのか?見られ与信額としてキャッシングの内容が決まることになります。カードを使ったローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各業者で金額は変わります)と広い範囲があります。そうしてその幅の中で決まった利用可能額により利息も決まります。50万円なら年率18%、300万円なら年12%、800万円なら年間4%といった流れになります。いわば、信用が上がれば、貸付可能金額も良くなり、金利も低くなります。この事実に疑念を受けるのは私しだけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、これらは当然でしょうが、一年の収入の良い人がキャッシングが不可欠と思えませんし、万一ローンサービスを利用したケースでも金利が多かろうが少なかろうが返済に困る事はないと思います。むしろ一年の収入良くない人は咄嗟にお金がほしいからキャッシングするという人が大抵です。利率が良くないとお金の支払いに追い込まれるようになるはずです。ですから使用可能範囲の良くない人こそ低利率で活用できるようにするべきです。この見方は活用する自分が置かれている立場としての考えではあります。この事を踏まえて、金利を少なくする為にはどうしたら良いのか、何となく感じたはずです。実際、これから記述方法で、申し出をする人がほとんどなので知らせますと、カードローンの申し込みをする場合、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申し込むのです。申し込み、キャッシング審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ利子が低いクレジットカードを持参することができるのです。であっても全額使わなければならないという事はありません。10万円でも20万円でも必要な分だけの使用できます。さらに利用限度可能範囲が300万円で最低金利年間7%位のローン企業も有りますので、そちらを手続きを申し込めばその金融会社の最低利率で返済できるようになるはずです。どうですか?考え方次第で低金利のキャッシングできるカードを持参することが出来るのです。自分自身の年収と金融会社の金利を比較し、考える事に時間を掛ければ、より有利な状況で借りれるため、きちんとチェックするようにしてください。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.soxdesigns.com All Rights Reserved.